西宮周辺の宗教的慣習と葬儀の種類

日本の葬儀は、日本独自の進化を遂げた葬式仏教の教義に基づいて執り行われ、遺体を火葬にふすタイミングで後火葬や前火葬、骨葬などの分類があります。西宮では、医療機関や警察組織などから故人の遺体を引き取り通夜及び葬式を行ない火葬を行う後火葬が一般的ですが、信越地方や東北地方、北海道、千葉県などの一部では告別式に先立って火葬を行う前火葬が一般的です。

尼崎の葬儀情報が様々な条件で検索可能です。

特に雪深い北海道や東北地方では、通夜や告別式に先立って火葬を行う骨葬が行われています。

ジョルダンニュース!に関する特集が満載です。

又、葬儀は火葬のタイミングにかかわらず一般的な葬儀の他に密葬や家族葬、直葬、ゼロ葬などの種類があり、西宮でも家族葬が最も執り行われています。

家族葬は、決まった定義が確立していない為、残されて家族数人から参列者が100人を超える葬儀も家族葬と呼ばれ、具体的な弔問客や参列者の人数を決めておかないと葬儀業者に誘導され、規模が大きくなってしまう事が多々あります。しかし、残された家族の要望がしっかりしていれば、参列者や弔問客が気心知れた親類縁者だけなので葬式仏教のしきたりに従う必要が無いので、僧侶による読経や焼香など宗教色を一切排除する事も出来、西宮や尼崎などで行われている水焼香も問題無く執り行う事が出来ます。

家族葬は、追加料金の無いセット料金が主流となっていますが、現在では経済的に余裕のある遺族も小規模な家族葬を執り行うケースも多く、その際には花飾りの祭壇や棺を中央に配置したりとオリジナリティーを追求するケースも増加傾向にあります。